Foundation フィールドバス

20 年にわたり、産業デジタル変革を推進

FOUNDATION™ フィールドバスは、20 年以上にわたって、よりスマートな工場オペレーションに向けたデジタル変革を推進し、産業用モノのインターネット(IIoT)やインダストリー 4.0 といった用語を浸透させてきました。FOUNDATION フィールドバス技術は、数百万ものインテリジェントな機器およびシステムに組み込まれており、エンドユーザーのより優れた迅速な意思決定、生産性の向上、コスト削減、リスクの最小化を実現しながら、機器技術者から執行役員に至るまで工場オペレーション全体の認識レベルを向上します。

FOUNDATION フィールドバスでは、産業組織が既存資産の完全な機能性を活用できるようにします。最新のオートメーションシステムで生成される大量のデータを活用する手段が提供されるため、用途およびメリットは多数考えられます。これは、機能拡張されたデータ収集、リモート監視の向上、診断および資産管理から、構成およびコミッショニング作業の軽減まで幅広い範囲にわたります。

プロセスオートメーションの統合プラットフォーム

FOUNDATION フィールドバスにより、プロセスオートメーションに向けた全デジタル通信インフラストラクチャが実現され、強力な多変数測定機能、優れた機器診断、および複数のネットワークにわたりワイヤレス機器を統合する機能が提供されます。FOUNDATION フィールドバスのブロック構造は固有なものであり、真の分散機能、データ管理の向上、アラームおよびアラート管理が可能になります。

FOUNDATION 技術を使用すると、それぞれに複数の I/O 信号が備えられた複数の機器で同一のバスを共有できます。フィールドバス対応の制御システムでは、2 本線ツイストペアのケーブルを採用しており、あらゆる危険なエリアに適した本質安全あるいは非発火性の機器電源を提供します。フィールド機器のインテリジェントなデータに無制限でアクセスできるため、すべてのフィールド機器(個々のセンサーやアクチュエータを含む)の一元的な構成/セットアップおよび診断が可能になります。このソリューションではまた、ハンドヘルドフィールドコミュニケータ、ラップトップ/タブレット、ドキュメンティングキャリブレータなどの一時的なマスターをサポートします。